横浜パイズリ風俗のために頑張る男

何の為に仕事を頑張るのかというものは人によって違うものだ。
家族の為、やりがいの為、収入の為、社会に貢献するためなど人さまざまだろう。中には横浜パイズリ風俗など風俗のためという人もいるかもしれない。しかし、傾向として自分の為に仕事を頑張る人の方が成果を出しやすいということが挙げられる。何が言いたいかというと、俺は風俗の為に仕事を頑張っているわけで、家族や社会貢献などとふざけた理由で頑張る奴らよりも、俺の方が遥かに成果を出しているのだ。
結局人は自分のために頑張ることが一番力を発揮する。誰かの為の時に力を発揮するような人物はアニメや漫画、小説といったフィクションの登場人物にのみ当てはまるようなもので、現実にそんなやつがいても期待や社会の重圧に潰されてしまっているだろう。
だから俺は自分の性欲を満たすための風俗へと通うために仕事を頑張っている。
俺の性欲は人よりも遥かにパンパンだ。だから人よりも多くの回数風俗へ行って性欲を満たさなければならない。かわいい子が多い横浜のパイズリ風俗に週二回行かなければ収めることができず確実に夢精してしまうだろう。

とは言っても毎回毎回同じ横浜のパイズリ風俗店に通っているわけではない。横浜のパイズリ風俗にデリヘル、ソープおよびピンサロを地域を転々としながら放浪しているのだ。同じ場所に滞在しないのはやはり風俗店といえど週二回も風俗店で性欲を満たし続けている男に世間は異様な目で見てくるからだ。実際にとある高級店を利用し続けていた時期があったのだが、職業をしきりに聞かれ挙句怪しいと判断されて入店拒否されてしまったという例が過去にある。
だから俺が風俗店で常連になることはない。飛び込みで風俗店へ入り、その場にいる素人やぽっちゃり、人妻に巨乳といった様々なジャンルの女の子と楽しんでいるのだ。
酒もたばこもギャンブルもやらない俺が唯一愛用しているものがこの風俗であり、会社にも同僚にばらされたため周知の事実として広まっている。おかげさまで彼女はいない。だけど俺にとって彼女は全く必要のないものなのだ。
冒頭でも言った通り誰かのために頑張ることは必ずどこかで限界を迎えてしまう。自分のために仕事をやることが身につかなければ必ず緊張の糸が切れるように終わりを告げるのだ。
だから俺は彼女を作って彼女のために仕事をするなんて事を言い出したりはしない。俺は自分の為、風俗の為に今日も仕事で汗を流す。寂しいと言われようが何と言われようが性欲を満たし続ける、これだけが俺の人生の意義なのだ。
というわけで今日も横浜パイズリ風俗の為に仕事を頑張ります。

関連記事

六本木パイズリ風俗と幻想

横浜パイズリ風俗とぽっちゃり嬢

五反田パイズリ風俗とリラックス効果

大久保パイズリ風俗とエロ動画の注目箇所

新宿パイズリ風俗での体験

鶯谷パイズリ風俗とゲストハウス